IELTSを短期間で攻略したいと思っているあなた。
あなたは何のためにIELTSのスコアが必要なのでしょうか。

大学留学のため?
大学院留学のため?
条件付き合格をクリアするため?
移住申請のため?

IELTSを受験する方はただ単に英語の実力を知るためではなく
ほとんどがIELTSスコアが必要な理由があって
そのために受験しなければならないという方でしょう。

IELTSは独特の問題形式の英語能力判定テストです。
短期間でスコアアップしようと思えば
独自の対策が必要になってくるテストといえます。

逆をいえばスコアを上げるポイントさえつかめば
短期間での攻略も可能なのがIELTSなのです。

実はIELTSを短期間で攻略するのは非常にシンプルで
誰でもこのポイントを押さえて勉強すれば
必ずスコアを上げることができるのです。

IELTSを短期間で攻略するためのポイントは全部で5つです。

この5つのポイントを押さえて
毎日少なくとも2時間ずつ勉強すれば
必ずスコアアップにつながるので
ぜひ試してみてください。

1 IELTSの問題形式を理解する
2 4つのセクションの問題タイプを理解する
3 問題の反復練習
4 間違いをチェックし理解する
5 本番と同じ設定での問題練習

IELTSの問題形式を理解し、リスニング、リーディング、
ライティング、スピーキングの4つのセクションの
問題タイプを理解するために必要不可欠なのが
日本語で解説されている詳しい参考書です。

問題を解きながら自分で形式を分析するよりも
詳しく解説されている参考書を利用するのが早道です。
やはり日本語で丁寧に解説されているものがいいですね。

また、問題集で反復練習するには
IELTSの問題形式にそった問題集が必要です。

本番と同じ形式の問題集、同じ難易度の問題集、
できればIELTS講師作成の問題集がよいのは
いうまでもありません。

問題をやってみて間違えたところをチェックし
解説に戻ってなぜ間違えたのかを確認し
間違えた理由を理解しなければ、本番でも
同じ間違いを繰り返してしまいます。

ここが重要なのですね。

問題集を何度やっても
やりっぱなしでは意味がないのです。

練習問題では何度間違えてもいいのです。

ただし、同じ間違いを繰り返すのは
自分が理解できていないからだということを
肝に銘じることです。

問題の解き方が詳しく解説してある参考書であれば
自分の間違いの傾向をつかむことができますし、
間違った理由を理解することもできますね。

本番の時間通りに本番と同じような環境で
本番形式の問題集をやることで
実際のテストのときにも落ち着いても
問題に取り組むことができるはずです。

IELTSをクリアすることで留学や海外の永住権を取得できる可能性が広がります。
取得できるビザによって必要なIELTSのスコアが変わってくるので、
必要なスコアを事前に確認しておきましょう。

→ IELTS最短攻略法を使った効果的な勉強法はこちら